6次産業化を目指すagricultural diversification

What we desire to do is create and manufacture cosmetics with the same care as those in agriculture -
Giving special attention when choosing materials, having each process rooted in a beautiful nature, and loving what we do and create.

6次産業化への想い

「農業のように化粧品を作りたい。」この想いが、愛媛で工場を建てたきっかけでした。水や空気が美しく、作物がちゃんと育つ環境。人も優しく、愛情を込めてモノを作っている。愛媛では原点を大切に、安心安全の自然の原料にこだわり、京都の最先端工場へとバトンを渡していく。京都とはまた違った、原点から製品作りを見つめ、安心を守っていきます。

豊かな自然あふれる松野町で“農業のように化粧品を作りたい”
この思いを掲げ私たちは製品を生み出していきます。

自然
  • 空気

    豊かな森や清らかな川によって清浄された
    綺麗で澄んだ空気

  • 四十万川の源流広見川や
    滑床渓谷を流れる清らかな水

  • 古来より育まれ大切にされてきた
    自然豊かな森

  • 大地

    全ての源であり私たちに
    豊かな植物をもたらす恵みの大地